秦野
 
    Top > 観光スポット一覧-目次  > 大日堂

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行


山

ハイキング

登山

寺社仏閣

河川・湧水

花・木

七福神

公園

史跡

温泉

公共施設

その他


カテゴリ [ 寺社仏閣、史跡 ]

大日堂 (だいにちどう)   [所在地] 秦野市蓑毛721

大日堂
大日堂は、奈良県の東大寺大仏造営に尽力した行基(ぎょうき)によって、742年(天平14年)に、開かれたと伝えられています。
本堂には、平安時代後期の作でヒノキの一本造り、像高175cmの座像、「大日如来像」があり、県の重要文化財に指定されています。
この像の両脇には、四体の如来像もあるため、併せて「五智如来(ごちにょらい)」という別称でも呼ばれています。

大日堂のイチョウ

境内の桜

仁王像

 『大日堂のイチョウ』

 『境内の桜』

 『仁王像』

アクセス
小田急線 秦野駅より『バス』【秦20】「蓑毛行き」で約25分、「蓑毛」下車、徒歩1分
花の季節
ソメイヨシノ:4月上旬から中旬
アジサイ:6月中旬頃
イチョウ:11月中旬頃

徒歩で 1分
宝蓮寺
宝蓮寺

徒歩で 40分
髭僧の滝
髭僧の滝

徒歩で 10分
自然観察の森
自然観察の森

徒歩で 10分
緑水庵
緑水庵


観光スポット一覧へ
【かな順】   /   【ジャンル別】

Copyright(C) 2012- 秦野市観光協会 All rights Reserved.
当サイトに掲載のコンテンツ(情報・資料・画像等)の無断転載を禁じます。