秦野
 
    Top > 観光スポット一覧-目次  > 蔵林寺

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行


山

ハイキング

登山

寺社仏閣

河川・湧水

花・木

七福神

公園

史跡

温泉

公共施設

その他


カテゴリ [ 寺社仏閣、史跡 ]

蔵林寺 (ぞうりんじ)   [所在地] 秦野市堀山下1075   [電話番号] 0463-88-2349

蔵林寺
室町時代の享徳年間(1452~55年)の頃に堀山下の寺屋敷に開かれ、文明年間(1469~87年)に現在地へ移りました。
1649年(慶安2年)頃に寺領15石の朱印を徳川家光から受けました。江戸時代になって米倉丹後守の保護を受け、菩提寺となりました。
寺には、大名となった米倉昌尹(まさただ)の木像や米倉氏の系図などが保存されています。

米倉丹後守の墓所

※米倉丹後守(よねくらたんごのかみ)
米倉丹後守は名を昌尹(まさただ)といい、父昌純は徳川四代将軍家綱、五大将軍綱吉に仕え、江戸城大番組頭として重きをなしました。昌尹は元禄3年、丹後守(今の京都府の北部)に任じられ初めて大名に取り立てられました。
とくに将軍綱吉には信任厚く、国中の犬の取り締りを命じられ一世を風靡しました。領地だった堀山下に先祖供養のため蔵林寺を建立、ここに昌尹のほか、米倉一族の男女合わせて50余名の霊が眠っています。

 『米倉丹後守一族の墓地』

アクセス
小田急線 渋沢駅より『バス』【渋02】「大倉行き」で約14分、「蔵林寺」下車

徒歩で 8分
秦野戸川公園
県立秦野戸川公園

<徒歩で 10分
山岳スポーツセンター
山岳スポーツセンター


観光スポット一覧へ
【かな順】   /   【ジャンル別】

Copyright(C) 2012- 秦野市観光協会 All rights Reserved.
当サイトに掲載のコンテンツ(情報・資料・画像等)の無断転載を禁じます。