秦野たばこ祭の歴史 《2》 たばこ祭の確立

秦野煙草音頭のはじまりとミスたばこ

 たばこ祭は、第2回(昭和24年)にはたばこ娘のコンテストが行われ、華やかさが添えられました。このコンテストは後のミスたばこに発展することになります。

photo_history015photo_history003

 当時のコンテストは、容姿だけではなく、手先が器用であること、良く働きたばこ耕作に関心があることなども基準となりました。その対象も秦野地方に限らず、広く県内のたばこ耕作町村からの選出でした。

 続く第3回(昭和25年)には、現在にも残る「秦野煙草音頭」が完成します。現在にも続くたばこ音頭パレードは、この年の煙草音頭大会がはじまりです。(第50回(平成9年)の時にパレードの一部に取り込まれ、たばこ音頭パレードとなりました。)。

photo_history014

 以後秦野煙草音頭はたばこ祭の中心行事となっただけでなく、いろいろなイベントで歌われるようになりました。

 そして、たばこ祭も回を重ねるとともに、単なるたばこ耕作者の慰労会というだけでなく、周辺住民も楽しめる祭りへと姿を変えはじめました。

<< 前へ   次へ >>